ホーム>浴衣あれこれ>東京本染のできるまで

東京本染のできるまで

東京本染のできるまで

01

1.晒し上がった生地を、染めやすいように2反分を機械にかけ、巻き取ります。

02

2.糊はもち米・海藻等を原料とし、柄によって使い分けます。

03

3.生地の上1mごとに型紙をおき、糊付けをします。この作業を12回繰り返すと1反分の糊付けができます。

04

4.表面の糊がつぶれない様に、砂やおがくずの上にのせます。乗り付けした上から染料を注ぎ、下からコンプレッサーで吸い取ります。染料が浸透するため、裏表のない染め上がりになります。

05

5.差し分けの場合、色を分ける所に糊で土手を作り、染料が流れ出ないようにします。

06

6.糊で土手を作った中に、差し分ける染料を注ぎ、それぞれコンプレッサーで吸い取ります。

07

7.染め上がったゆかたを、糊落としと上色を落とすために水洗いします。

08

8.洗い上がったゆかたを水からあげてたたみます。

009

9.たたみ上がったゆかたを天日干しします。乾燥機より生地の風合いがソフトに仕上がります。

010

10.糊付け用へら、型紙枠。

011

11.染料を注ぐ道具。

014

12.型紙

015

13.型紙をもとにして染めたゆかたです。

 016

 

ページ上部へ