ホーム>浴衣あれこれ>浴衣の帯の結び方

浴衣の帯の結び方

文庫結び

01

別名"一文字文庫"とも言われる帯結びです。
これを基本にいろいろな文庫結びができるので、まずマスターしましょう。
自分ひとりで結ぶときは、前で形を作ってから後ろに回すことをおすすめします。はじめに帯のテとタレを決めます。
テ先を右手でもち、折り目が下になるように帯幅を半分に折、テ先から約50cmのところをテ先寸法とします。

 

02

テ先寸法の位置にピンチを挟んで印をつけ、その位置を前正面にあてます。ピンチの位置がずれないようにして、一巻き目の下に前板を入れて巻きます。

 

03

さらにもう一巻きして、二巻き目の下の部分を斜め内側に折り上げます。
このとき、一巻き目にきちんと合わせて、ずれないように気をつけましょう。

 

04

テをうえにして、タレの下からくぐらせて上に引き抜き、しっかいと一結びします。上に引き抜き、しっかりと一結びします。

 

05

結び目をしっかり締めて、ゆるまないようにテ先を左肩に掛けます。
結び目が帯の中央の高い位置にできているかを確認して、タレの結び目の際を広げます。

 

06

次に羽を作ります。タレ先から約40cmの長さを取り、左のイラストのように、内側に巻き込むようにたたみます。このたたみ方をスノコだたみと言います。

 

06

07

 

07

羽の中央に山ヒダをつくり、左手でしっかり押さえます。

08

 

08

山ヒダ部分を結び目の上にのせます。こうすると羽が高い位置に安定し、若々しい印象に。左手で羽の位置をキープします。

 

010

テ先を下ろし、山ヒダと結び目を一巻きし、右上に引き上げます。
ゆるまにように、ぎゅっと力を入れて引き上げてください。

 

09

テ先を上にしっかり引き、さらに一巻きします。残りのテを胴まわりの帯の中に入れて、下から引きます。
テ先が長いときは、帯の中に折り返します。

 

010

羽の形を整えて、右手で結び目を、左手で帯の左下側を持ち、右回りに回します。
このとき、おなかを引っ込めると回しやすくなります。

 

011

羽が背中中心にくるまで回して、出来上がり。
ゆかたがシワになっていないか、衿もとやおはしょりがくずれていないかを確認します。

 

ページ上部へ